(霊柩搬送・ご遺体搬送)本日、千葉県霊柩自動車協会の適正化研修会に参加して参りました。

2016年11月29日(火)10:34 午前

本日、京成ホテルミラマーレにてAM10時より、貨物自動車運送適正化研修会に参加して参りました。

近年、運送事業者の事故(高速バス事故・トラック事故)」等が増えて来て法令も強化され義務付け事項も増え増加した場合

業務停止等の大変に厳しい処罰を受けます。

近年、葬儀社のいう所の費用は、葬儀一式の費用をひとまとめにしたセットプラン等の中にバス代金を含ませる形を取るという事は法令違反となるという事が明言された。

旅客・貨物自動車運送事業の法体系としての定義は他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して貨物や旅客を運ぶ仕事とある。 他人の需要とはどういうことか? 例えば斎場~お寺又は火葬場までの運送は、他人の需要に応じ、運送を行うものであり、自家需要の範疇で有るとは言えない。 (斎場を利用することを目的としているからである)

であるので、葬儀一式という事は法令違反になり現に陸運局など調査、告発も行われている。

 

やはり、法令厳守をすることが社会的にも信用できる会社という事になるのだろう。

 

 


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト