(患者搬送)千葉がんセンターより介護搬送・宣告 癌が移転し育ち、残念ですが致命的です。

2016年11月23日(水)1:32 午後

本日、一時帰宅の為の高齢女性、寝たきり状の方のストレッチャー搬送。習志野市袖ケ浦団地までの2階部分。

2人体制で布担架による担ぎ上げ。最後の帰宅である。その後また数日して病院へ戻るのだが、、、

 

今回は、移転性脳腫瘍 (肺癌からの移転)肺がんの脳への転移の場合は、腫瘍の大きさ(体積)が倍になるのに、平均して25日という報告があります。直径2cmでみつかった腫瘍が、4~5ヶ月で直径約5、5cmに育っていた。この大きさになると致命的になってしまいまた脳幹部奥の部分は手術できない。 残念である。

 

先日も、舌癌でお亡くなりになった方が居りましたが、体のあちこちに出来るガン。早く多くのガンを撲滅出来る療法や新薬などが出来る事を祈るばかりだ。

 

                                                                患者搬送部・介護タクシー


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト