(ご遺体搬送)千葉県がんセンターよりご遺体搬送 夢・叶わなかったバージンロード。 

2016年11月17日(木)3:00 午前

千葉県がんセンターより32歳の乳がんで闘病されていた女性が亡くなられ、ご遺族様のご依頼で搬送を承りました。

故人様は昨年に婚約が決まりその直後、乳がんが有る事が解かり様々な治療法等しておりましたが、転移が脳や他あちこちに体内で分散し闘病も虚しく亡くなられました。

最後にご家族に宛てた遺言には、お父さん自分自身のバージンロードが見せられなくて御免なさい。何にも親孝行が出来ない娘を許してください。お母さんと仲良く暮らしてください、、、と書かれてあったそうです。私にも搬送車の中で実際そのお手紙を見せて頂きました。

 

私は、全くの赤の他人ですが、子供を持つ親として何だか涙がこみ上げて来て運転にならないくらい泣けてきたのでした。

最近は若くして、病気で亡くなられる方も多く人生やその宿命の厳しさを直視せざるを得ない仕事がらです。

 

千葉県がんセンターより一旦ご自宅に搬送しその後、落ち着いて葬儀社様をご選定して行くとのお話でした。

ゆっくり慌てないで葬儀社を探されるとは、普通慣れないことで慌ててしまうご遺族様が通常多いいのですが、本当は娘さんとゆっくりご自宅に迎えて今しばらくは、ゆっくりさせて上げたかったのだろう、という親心と感じました。

個人的にも、心からご冥福を祈りたい気持ちです。

 

昨今、親と子供の殺伐とした事件が現代に多い中でやはり、親と子の愛と絆は、本当に美しいと感じました。 合掌

 

                                                   (ご遺体搬送・霊柩搬送事業部・大井)

 

 


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト