(ご遺体搬送・霊柩搬送部)御遺品整理のお話です。

2016年11月09日(水)1:03 午前

東京逓信病院からご千葉県館山市迄ご遺体搬送を致しました。

故人様のご家族様のお話では、亡くなられたお兄様は、65歳というまだお若いにも関わらず、この度亡くなられてしまい生前ご本人様が大好きだった音楽の話になり、ご自身で親父バンド等されていてご自宅に膨大な楽器(ギター等)が残されたそうです。故人様も、遺言で膨大な楽器の処分をしてその代金を今まで世話になったご家族で売却しその代金でお墓を作ったり葬儀代などに充ててくださいとの遺言でした。

よく、後遺品整理に纏わる聞く話なのですが、その分野分野でマニア品や貴重価値等が有るにも拘わらず、ご遺族様がご処分されるときにその本来の価値が解らずに二束三文で業者に買取処分されてしまう事が有ると聞きます。楽器・骨董品・絵画・おもちゃその他。よくよくお話を聞く限りではその楽器数やメーカーなど調べてみますと相当な高値プレミアとなっているだろうという楽器が有る事が解り、正統的な価値で売却できるアドバイスをさせて頂きました。

1つは、不特定多数の入札で、ある意味、公正的な相場ともいえるヤフオク(出品代理業者)のご紹介と、後は適正に近い買取りをしてくださる楽器商の方をご紹介させて頂きました。当センターは単なる搬送業務に留まらず、お客様目線での目線での利益を常に提案還元する事を提唱しています。

★因みに今回故人様が御所有されていた楽器の中でアメリカUSA フェンダーストラトキャスター オールド 1950年代の代物がネットで調べたところ何と数百万という事が判明。後日、故人様のご家族にお伝えしたところ本当に驚かれていました。

 

                                                        ご遺体搬送・霊柩搬送事業部 大井


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト