(葬儀支援サービス)故郷や郷里で行う葬儀のご支援サービス開始致しました。

2017年05月27日(土)8:27 午後

首都圏での人口集中等で、郷里のご両親と遠く離れて暮らす人が増えております。

其処で、安心して郷里・故郷で葬儀があげられるシステムを小さい取り組みながら開始致しました。

当センター過去の事例1。

 

50歳代の働き盛りで癌に犯され危篤状態になり、患者のご両親を85歳・88歳を当センター介護搬送専用車にて仙台迄お迎えに行き、直ぐに関東にUターンし、最後の最後の臨終の席に間に合い、意識を軌跡的に取り戻した患者(故人)様

と、最後の語らいが出来大変に感謝された。その後、ご遺体とご両親を乗車させて仙台へ戻り現地で家族葬を執り行いました。

 

事例2 

故人様は、故郷・郷里への想いが強く、自分自身が都会に若い時に出て来て強く生きて来れたのは、郷里での環境が大きく影響し故郷を愛しており、遺言に出来る事ならば、距離での葬儀と実家所有の裏山に一部散骨して欲しいとの遺言を残され、ご遺族様で話し合い、病院から当センターへ搬送依頼があり、和歌山県までの搬送をさせていただきました。

 

当センターの寝台グループ網で、郷里から親御様の搬送送迎やご危篤(まだ生前の場合介護車)、お亡くなりになった場合寝台車で、敏速に日本全国への搬送体制が24時間体制で行って居ります。

 

様々なご事情も有ろうかと思いますが、皆様方の御心に寄り添える仕事を目指して参ります。


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト