葬儀への価値観や多様化が時代と共に大きく変化して来ています。特に音楽葬は非常に人気が出てきていますね。

2017年03月15日(水)9:55 午後

近年、音楽葬という個性的な葬儀が人気を集めている。

当センターは、様々な葬儀社様とのお取引が有る中で、今注目を集めている音楽葬についてお話したい。

 

今回、有る葬儀の搬送を担当させて頂きました。

その方は、生前義理のお父様がこよなく愛した、クラッシック音楽での葬送を考え、義理の父への真の追悼と会葬された方々へ往年の義父を偲んで頂きたい、最後のお別れをして頂きたいと考えて、次のような音楽企画葬を執り行いました。

1、開式前と閉式後に、義父が好きだったワーグナーの楽劇 ニーベルングの指輪 より、ワルキューレの騎行を式場内に流しました。

2、祭壇上には、講演中の義父の写真を挟んで、義父が開発した発想法の集大成で有るMN法の全ての本。そして毎晩飲んでいたホワイトホースのボトルと愛用のグラスを飾りました。

3、生前親交の有った大学の先生等から、故人様の思い出話をして頂きました。

4、閉式後は義父の著書を並べて、会葬者様へお好きな本を思い出と共にと、お持ち帰りいただいたそうです。(返礼品と一緒に)

 

これには、閉式後のお見送りの際、有る方は和ないながら、また故人様のお名前を呼んで00さんらしいわね。素晴らしいお葬式ですねと賛同する声が寄せられました。 有る方は自分のお葬式も同じようにしたいと言っておられました。

 

今の時代、葬儀に対する考えも価値観も多様化してきております。

一番大切なことは、故人様が一番に喜ん頂ける事。此れが大切な事だと考えます。

そして、本来の葬儀の意味とは?を考えさせてくれる葬儀が価値的で素晴らしいと考えました。

 

当センターは葬儀そのものは、受けれませんが、多くの素晴らしい良心的な葬儀社を知っております。

今、ご遺体搬送業務という仕事が単純に運ぶだけでなく様々な情報や皆様にお役立ちできる情報などもお届け出来ます様に、社員一同研鑽している日々です。 

                                                霊柩寝台搬送・ご遺体搬送部


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト