(霊柩搬送・ご遺体搬送)東京板橋区・帝京大学医学部付属病院からご遺体搬送 ペット愛を垣間見た、、、

2017年02月11日(土)11:48 午前

当センター介護搬送部を2週間前にご利用いただきましたお客様からの搬送ご依頼でした。

故人様は、脳疾患を数年前に引き起こしその後自宅でリハビリを継続していましたが、2週間前に他の病気の合併症などもあり入院する事となり当センター介護部が搬送させて頂きました。その後残念ながらお亡くなりになりこの度再度搬送ご依頼の連絡を頂いた次第です。

 

生前の御遺言で亡くなったらゆっくりとご家族様とご自宅で過ごして来世への旅立ちをして行きたいという事と実は、自宅に戻りたいという理由が、愛犬のペット(やや中型犬)がいて、故人様は最後までペット犬の事が気がかりで有ったとの事でした。今やペットも家族同様な関係の時代です。

 

ご自宅に搬送し、居間にご遺体を安置したときにペット犬がご遺体に寄り添いながらクンクン顔を舐めて、犬の直感的に御主人さまが亡くなったという事を悟った様で、悲しそうな絞り出すような声で何と泣き出したのです。その時に動物でも一定の知能感情は有るのだな~と感心致しました。

 

飼い主側からのペット愛の話はよくお聞きしますが、ペットから飼い主様への愛情表現とは正しくこのことだろうと感じた次第です。

 

                                                                 霊柩搬送・ご遺体移送部


お問い合わせバナー

  |  

過去の記事


24時間京葉寝台搬送サービスセンター
スマホサイト